忍者ブログ
悪い星の下に
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近友人(あと一文字で石原裕次郎になる人)から
リマスター前の初期ビートルズのアルバム4枚(PPM, Hard Days Night, For Sale, Help)
を格安で譲り受け、そればかり聴いてるのですが
改めて初期ビートルズの魅力にとりつかれています。

今更ですが、
彼等のソングライティングの能力は天馬空を行くという言葉が似合うくらい
飛びぬけている・・・・もはや推し量るのもおこがましい。

初期作品は今聴けばサウンドや技術面で古さを感じさせることもあるかもしれないのですが
そのアイディアの独創性、エネルギーは後期に全く劣らない。むしろ上なんじゃないかと思ってしまう。
A Hard Days Nightなんかを聴くとそれがすごく伝わってきます。
中には勢い任せだなーって感じる曲もあるけど
とにかく沸いてきたアイディアを片っ端から形にしたらできちゃいました!
っていう若者らしい無鉄砲なエネルギーを感じるのです。

A Hard Days Nightから後の2作品への飛躍も素晴らしいですね。



初期のビートルズがすごく気になって動画とかを調べてたら
武道館ライブの動画を見つけました。



ビートルズのライブの全貌を収めたカラー映像としては
世界に類を見ないと言われるほど貴重な記録であるこの動画。
しかし、演奏はぶっちゃけあまりよくありません・・・
みんな結構マイク外しちゃうので、レベルの上がり下がりが激しくて聴きづらいし
PA自体も粗末。ポールは終始ずれるマイクを気にしてるという有様です。

しかしこの動画、異常に興奮します・・・・


それはたぶん、バンドマンとしてのビートルズを生々しく伝えてるからだと思うんです。

普通バンドっていうのはこうあるはずなんですよ。
バンドやってる人はわかると思うんですけど
僕等がバンドをやるモチベーションは結局はライブから生まれるのであって
ライブが売りのバンドであろうがなかろうが
ライブがなければバンドというのは普通は成立しえないんです。

しかし世界で一番有名なバンドのはずの彼等が、それを放棄してしまった。
その時点でバンドであることをやめたも同然なのです。
これは僕にとってビートルズを謎めいた存在に感じさせる一番の理由なのですが
それは置いといて・・・

メディアが作り上げてきたビートルズ像は、やはり、
革新的なサウンドを作り上げていったスタジオバンドとしての側面にばかり焦点が当たっています。

しかし、この動画のライブ感はすごい。
テレビ出演の動画では見ることの出来ない部分を見事に映し出しています。
(何気にカメラワークが好きだ)
彼等のアクションの一つ一つが、正真正銘のバンドマンのそれであり
それがまたどうしようもなくカッコイイのだ!演奏の粗さももはやライブ感を増す要因になってます。
バンドマンとして、これを見て興奮せずにはいられないのです。

ちなみにこの動画は版権の問題などから、製品化はほぼ不可能とのこと。
残念。youtubeには全曲アップされてますので、興味のある方は是非見てみてください。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
齊藤 ジョニー
年齢:
29
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/10/27
職業:
目指せシンガーソングライター
趣味:
仏像鑑賞
自己紹介:
新潟生まれ。仙台での大学生活を経て、現東京在住。ギター一本抱えてライブハウスやバーなど、いろんなところでライブしています。
最新CM
[11/22 岳]
[10/31 みずいろ]
[10/02 みずいろ]
[07/25 岳]
[06/25 なみ]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター