忍者ブログ
悪い星の下に
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

寝なくても平気な身体になりたい。
PR
だいぶ長い間ほっぽらかしてましたね。ごめんなさい。

ブログの更新をサボってる間に、自分にとってすごく大きい出来事がありました。

それは10日間に及ぶアメリカ遠征(?)

テネシー州のナッシュヴィルという街に行ってきたんですが
ここはカントリーミュージックの聖地として知られています。
そして僕の愛するブルーグラスミュージックもここで生まれたんです。
そんなわけで僕にとっては憧れの街。
しかも9月末から世界で一番大きいブルーグラスイベントが開かれるとのこと。
「年をとって頭が凝り固まる前に、本物を見なきゃいけない!」
そう思い立ったのが9月上旬という・・・(爆)
パスポートも持っていなかったのですぐに申請して(新潟と仙台を数日間のうちに2回往復。)
出発3日前になんとかパスポートが発行されました。


愛器Martin D-1(借り物)とバックパック一つというふざけたいでたちで単身渡米。
現地で知り合いに会った時は「お前ええ加減にせぇよ!」(関西人)って言われました。さすがに。
D-1は生まれ故郷の空気を吸って元気そうでした(笑)

NEC_1012.JPG


ナッシュヴィルは音楽都市を売りにしているのですが、
まったくその言葉どおりで、いつもどこかしらで音楽が流れてます。
それもカントリーミュージックばっかり。さすがカントリーのホームです。
ブロードウェイに並ぶクラブやバーではカントリーのバンドが昼間から演奏していて
びっくりしました。こんな光景日本では考えられない・・・
ライブチャージもないのでコーラ一杯分の金(2ドル)があれば誰でもライブが見れます。
ちなみにむこうではコーラのこと「コーク(coke)」って言うみたいです。
だからどっかお店に入ったときはcoke!!って言っとけば大丈夫です。

NEC_1015.JPG










本場のブルーグラスも初めて見ることができたんですけど
これは本当にいい体験だったと思います。
向こうの空気の中でブルーグラスを聴けたというのがでかい。
音楽を聴いたのではなく、「感じた」と言ったほうがいいかもしれない。
このとき僕のなかで初めてブルーグラスが、「生きた音楽」として認識されたのです。
どうしてCDで聴いているブルーグラスのミュージシャンは、ああいうグルーヴを出せるのか
なんとなく合点がいった気がするのです。
まあよくわかんねぇけど。
NEC_1107.JPG







向こうでは何日かユースに泊まったのですが
ほとんどの人がアメリカ以外からやってきた人たちで
オーストラリアやウェールズ出身の人たちがいました。
みんな話しかければ快く応じてくれるし、すぐに仲良くなりました。
ギターを持ち出したら大ウケ(笑)
ウェールズ出身のお兄さんにBeatlesのI saw her standing thereを伝授しました(笑)
異国から来た者同士、何かしらのシンパシーを感じるところがあったのかもしれませんね。


NEC_1136.JPG






これはユースで撮った写真ですけど、何度見てもいい写真です。


楽しいことばかりだったアメリカ滞在も最後のほうは望郷の念にさいなまれて
夜も眠れない有様でした。
日本にいる家族や仲間たちと再会するシーンばかりが頭をよぎります。
それだから帰国前日は帰れるという嬉しさと
飛行機を寝過ごしたどうしようという不安が入り混じって
心臓がバクバクして破裂しそうでした。
帰るべき場所があるんだということを、身体が教えてくれているようでした。
再び成田に着陸したときの気持ちの高ぶりといったらありませんでした。

帰ってきてから休むまもなく東京に行って
レコーディングをしたり
向こうのイベントに出たりして
これもまた自分にとって大きな出来事だったのですが
それはまた次の機会にでも・・・

長い文章を打ったので肩が凝りました。
長らく更新が滞っていましたが
これからはライブ告知など早めにしていくので
ぜひともチェックをよろしくおねがいします。

ではでは。


昨日は(というかもはや今日だったけど)NeoBrotherzで覚醒ページェントというイベントがあり
個性的なバンドがひしめくなか、私ジョニーも弾語りで出演させていただきました。
はじめはどうなるのか全く想像できなかったけど、本当にホールにいた皆さんは温かくて
これまでで一番楽しいライブになりました!
誘ってくれた八巻さん、ミサキさん、本当にありがとうございました!

イベントは初っ端からmmisaki~runny stools, Noeyeが最高のパフォーマンスで叩き込んでくれました。
(runnyのマサキさんはその後も最高のパフォーマンスをしてくれました笑)
どのバンドも本当に刺激的、オーディエンスも素晴らしかったと思います。

全13バンドが演奏し、イベントが終わったのは結局4時半頃。
でも最後の雨先案内人のライブは、長丁場の疲れを吹き飛ばすようなエネルギーを感じました。
トリはあの人でなければ務まらなかったでしょう。(サポートでドラムを叩いていた女の人も凄まじかった)

一つまたいい経験をしたような気がします。


さて、ライブ告知です。
9/22@FLYING STUDIO
KUDANZワンマン  O,A, ジョニー
start 20:00  ticket ¥1500

KUDANZさんのオープニングアクトを務めます。
みなみなさまぜひともお越しください!
ベッドの上でうとうとしていたら
ふと目が覚めてこんな時間。
電気もパソコンもつけっぱなし・・・

起きていようか、もう一回寝ようか
微妙な時間である。
とりあえず電気は消したが
いまこれを書いているのでわかるとおり
パソコンの電源は落とさなかった。
それは別に僕がネット依存者であることの証明ではない。
とかく、起きていようか寝てしまおうか迷っている。


変な夢を見たが、ここで書くのは止めておく。
ただ、すごく切ない気分になる夢だった。

夢の中で、L.バーンスタインの授業を受けた。
科目はなぜか歴史学・・・
夢の中の自分はふと、「あれ、バーンスタインって生きてたっけ?」
と不思議に思った。
まともなのか、まともじゃないのかよくわからない。


目がさえてきた。



5日のヘブンでのライブはそこそこ成功でした。
友達もたくさんできたし。
やはりこのハコはリラックスして演奏できるなぁ。




忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
齊藤 ジョニー
年齢:
30
HP:
性別:
男性
誕生日:
1987/10/27
職業:
目指せシンガーソングライター
趣味:
仏像鑑賞
自己紹介:
新潟生まれ。仙台での大学生活を経て、現東京在住。ギター一本抱えてライブハウスやバーなど、いろんなところでライブしています。
最新CM
[11/22 岳]
[10/31 みずいろ]
[10/02 みずいろ]
[07/25 岳]
[06/25 なみ]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター